ひざ下脱毛チェキ > ひざ下の脱毛について > 女性なのに男みたい…濃いすね毛をなくすためにオススメ脱毛方法

女性なのに男みたい…濃いすね毛をなくすためにオススメ脱毛方法

女性が多く抱える悩みの一つ、ムダ毛。
そのなかでもひざ下のムダ毛は、常に人目につくところで気になっているという方も多いのではないでしょうか。
毛の多さは人によるところですが、中には男性のような濃いすね毛や、早く伸びてしまって処理に困る人もいるでしょう。

しかし、間違った処理方法をすると、足に傷がついてしまったり、色素沈着が起きてしまったりとトラブルが起こることも!
女性らしい綺麗な足を手に入れるために、ひざ下の脱毛におすすめの方法を集めてみました。

ひざ下のお手入れにおすすめの処理方法

ひざ下のお手入れ方法は色々ありますが、ここでは一般的な処理方法を3つほど。
正しいやり方をきちんと守って、しっかりとケアをすれば、自宅でもきれいに処理することができますよ。
自分に合った処理方法を選んでくださいね。

カミソリで自己処理

カミソリによる自己処理は比較的簡単で、コストもかからず手軽にムダ毛を処理できるのが人気です。
時間もあまりかかりませんし、お風呂などでやってしまえば、処理した毛も洗い流せてとても便利。

カミソリ処理のコツと注意点

とは言え、肌に鋭利な刃物をあてるのですから、皮膚の表面を削って傷つけてしまう可能性があります。

同じ場所に強く何度もカミソリをあてることは避けましょう。
毛の流れに逆らってそるのも避けましょう。
毛の生え際に引っかかり肌を傷つけやすくなります。

特に古い不衛生なカミソリを使うのは厳禁です。
雑菌が入ってかゆみや湿疹、かぶれなどを引き起こす可能性があります。

カミソリで自己処理する場合は、処理前、処理後は保湿をしっかりすることを徹底させて、肌へのダメージを軽減するようにしましょう。
お風呂上りなど、毛穴がしっかり開いてる時にやるのがおすすめです。

除毛クリームで自己処理

除毛クリームは毛を溶かす作用のある薬品です。
除毛クリームを脱毛したい部分に塗って乾かし、洗い流すだけなのでとても楽ちん。

ひざのような丸くてカミソリをあてるのが難しい部分でも、クリームならまんべんなく塗れるので、処理もスムーズにすみます。

カミソリのように何度も肌にあてる必要がなく、一度に広範囲を処理できるのが大きなメリットです。

除毛クリームのコツと注意点

除毛クリームは毛と溶かすほどの強い薬品ですので、あまり頻繁に使用すると、肌に大きな負担がかかります。

期間を空けたり、使用頻度を少なくするなどして、肌がクールダウンする時間を与えてあげましょう。

除毛クリームは種類がたくさんありますので、低刺激のものや肌に優しい成分が配合されているものを選ぶのもいいでしょう。

脱毛サロンやクリニックで脱毛

サロンやクリニックという脱毛のプロにお任せするのも非常に良い方法です。
今は数多くの脱毛サロンやクリニックがあり、価格も非常にリーズナブルになりました。

ひざ下のムダ毛は自己処理がしやすいですが、何度も処理を重ねれば、確実に肌への負担が大きくなり、肌トラブルを起こしかねません。

自己処理の手間を減らし、肌トラブルを防ぐためには、サロンやクリニックは安心が高い方法です。

一番キレイに仕上がるのはやっぱりサロンで脱毛

脱毛方法をいくつかご紹介してきましたが、肌へのメリットを考えると、やはり一番のおすすめはサロンでの脱毛でしょう。

よりキレイな脚にしたいのであれば、サロンでの脱毛を選ぶ方が、自己処理の場合よりもはるかに効果が高いと言えます。

お肌をきちんとケアするから綺麗な足になる

最近のサロンでは、ただ脱毛するだけではなく、プラスアルファのケアをしてくれることが主流になっています。

肌に大きな負担がかからないケアと、肌が元々負っていたダメージを軽減してくれるケアを取り入れながら脱毛を進めていきます。
やり方はサロンによって様々ですが、大体のサロンが保湿を徹底させることをメインに、美容成分たっぷりのアフターローションや美容液などを施術に取り入れてくれています。

例えば、自己処理を続けていく中で、以下のような肌の悩みを抱えていませんか?

・ボツボツの黒ずみや毛穴が目立つ
・肌が乾燥してヒリヒリする
・傷やかゆみがなかなか治らない

こういった悩みを解消しながら、ただ毛を少なく薄くするだけでなく、自信の持てる脚に仕上げてくれる技術を持っているのがサロンなのです。

毛が薄くなり、回数を重ねれば生えてこなくなる

自己処理での脱毛はその場限りのものなので、時間が経てばまた毛が生えてきます。
生えてくる毛も薄くなったり少なくなったりすることはありません。
そのため、毛が生えるたびにまた処理をしなくてはならずとても面倒です。

ですが、サロンでの脱毛は毛の再生機能を低下させるため、施術を受けるごとに毛は薄く細くなっていきます。
そして施術を繰り返す内に、最後には毛の生えてこない状態になることが可能です。

これは毛根に直接アタックして、発毛組織を破壊していくサロンの技術だからこそできること。
自己処理ではこうはいきません。

部分脱毛なら値段もお得

サロンでの脱毛はやはり、自己処理の場合よりもお金がかかるのがネックでしょう。
一度では処理しきれないので、ある程度の回数は通わなくてはならず、費用もその分かかってしまうのが痛いところです。

しかし、自己処理の負担が軽減され、見た目にも美しい肌を得られるのならば、サロンを選ぶことは決してデメリットではありません。

また全身脱毛とは違い、体の一部の脱毛であれば、大幅にコストダウンできるので安心です。
お試しキャンペーンで1回なんと100円というサロンもありますしね。
脱毛したい部位が決まっているのであれば、それほど費用の心配をする必要もありません。

脱毛業界の競争が激しい昨今では、各サロンが競って料金の値下げやキャンペーンをうたっています。
ですので、今がこの波に乗るチャンスとも言えるでしょう。

安くておすすめの脱毛サロンやクリニックはココ!

それでは、部分脱毛がお安くできて、満足できるサロンやクリニックをご紹介していきましょう。
ぜひ参考にしてくださいね。

まずはサロンからご紹介。

ミュゼプラチナム

CMでもおなじみの全国で展開している大手サロン。
価格がとってもリーズナブルで、通いやすいサロンです。
S.S.C.脱毛という施術法は、痛みが少なく、肌の弱い人でも安心して受けられます

WEBから予約すると、さらに料金が割引されるなど、お得な情報がいっぱい!

すね毛脱毛料金・コース

すね毛の脱毛なら、部位と回数が選べる「フリーセレクト美容脱毛コース」がおすすめです。

Lパーツ(両ひざ下など9カ所)、Sパーツ(両ひざ、VIOなど13カ所)から脱毛したい部位と回数を選んで、自分専用のオリジナルプランを作れます。

1回脱毛ごとに1,000円(税抜)という驚きのお値段なので、これなら気軽に通えますね。

5月限定 「ミュゼパスポートリリース」記念キャンペーン

お得な情報が満載の公式アプリ「ミュゼパスポート」が新登場。
5月31日までにカウンセリング予約を完了して、アプリをダウンロードした会員の方は、4回以上の契約で全コースの料金が50%オフという嬉しい特典が!

詳しくはお店にご確認ください。
5月末までですので、気になる方はお急ぎを!

エピレ

エピレはエステティックTBCの系列店舗で、新宿や渋谷などに13店舗展開しています。

日本人女性の肌に合わせて開発されたマシンで、痛みがほとんどなく効果的に脱毛ができるのが人気です。

すね毛脱毛料金・コース

エピレには好きな部位を自由に選べる「チョイスプラン」があります。

Lパーツ(両ひざ下など9カ所)、Sパーツ(両ひざ、VIOなど10カ所)から選んで、好みのプランに組み合わせることができます。

Lパーツ6回、またはSパーツ12回 / 26,400円(税抜)
Lパーツ12回、またはSパーツ24回 / 49,800円(税抜)

初めての方には他にも色々な特典がつくようですので、詳しくはお店にご確認ください。

お得な2カ所脱毛プラン体験キャンペーン

エピレでは、LパーツとSパーツの計19部位から、好きな2か所を自由に組み合わせられる、体験キャンペーンを行っています。

通常ですと980円(税抜)のところ、5月23日までの特別価格で500円で体験できます!

こういったすね毛脱毛の体験キャンペーンがあるのは、大変お得だと思いますよ。

湘南美容外科クリニック

こちらもCMでおなじみの有名な美容クリニック。
サロンではなく医療機関での脱毛になります。

クリニックで使用する機器はレーザー脱毛機器です。
レーザーでの施術は、サロンで使う機器よりも光の照射力が強く、脱毛効果が高いため、サロンよりも少ない回数で脱毛が完了できるのがメリットです。

湘南美容外科は豊富な実績と、スペシャリストによる施術や手厚いフォローが人気のクリニック。
脱毛効果も高く、少ない回数でも綺麗な足をゲットできると評判です。

すね毛脱毛料金・コース

両ひざ下脱毛・3回コース / 50,220円(税込)
両ひざ下脱毛・6回コース / 81,000円(税込)

支払いは分割払いも可能です。
また、審査はありますが、医療用ローンも利用できますので、毎月の負担額も軽減できます。

これはダメ!おすすめできないひざ下のムダ毛処理方法

先ほど自己処理の方法をいくつかお話ししましたが、やってはいけないひざ下の自己処理もあります。
どういったものがダメなのか、その理由と一緒にお話ししていきましょう。

もし知らずにやってしまっていたのであれば、今後はその処理方はなるべく控えた方が安全でしょう。

毛抜きで自己処理

毛抜きでのムダ毛処理は、毛根から抜くので次の毛が生えてくるまでの期間が長いというメリットがあります。

しかし、毛抜きでの処理はオススメできません。
まず、毛を抜くときに皮膚や毛穴に大きな負担がかかってしまいます。
そして、開いたままの毛穴に雑菌が入り込み、炎症や埋没毛を起こしてしまう危険性があります。

埋没毛とは、毛が皮膚の外に出られなくなり、皮膚の中で成長してしまった毛のことです。
皮膚が傷ついて炎症を起こし、毛穴の出口がふさがってしまうため、皮膚に埋もれた毛先が黒いボツボツに見えたり、皮膚の表面に鳥肌のようなブツブツができてしまいます。

皮膚へのダメージが多いだけでなく、見た目も美しくないので、極力行わない方が無難です。

薬局で売っている脱毛テープ

脱毛テープは、脱毛用の粘着テープを貼り、一気に剥がす処理方法です。
ドラッグストアなどですぐに手に入りますし、広範囲を一気に処理できるメリットがありますが、
テープを剥がす際に強い痛みを伴います。

強い痛みがあるということは、肌に大きな負担がかかるということです。
肌への負担は炎症や黒ずみ、埋没毛を引き起こす原因になりとても危険です。

おすすめはサロンの脱毛!自己処理でも保湿をしっかり行うことで美脚になれる

一口にすね毛の処理と言ってもたくさんありますね。
色々と試されてきた方も多いでしょう。

もし、サロンでの脱毛がまだでしたら、これを機に一度サロンに足を運んでみてはいかがでしょう?
先ほどお話しした通り、サロンに通うメリットは、自己処理の脱毛よりもはるかに上回ります。

どうしても自己処理でという方は、毎回のケアをしっかり行って、肌になるべく負担がかからないようにしてください。
その一つに保湿を徹底させること!処理前後の肌に水分や美肌に導く成分を補ってあげることで、自己処理でもきれいな肌を保つことができます。

ひざ下という目立つ部分だからこそ、肌に負担の少ない丁寧なケアをしてあげてください。
そして、自分の脚に自信を持てるようになって、色々なオシャレを楽しみましょう!