ひざ下脱毛チェキ > ひざ下脱毛の知識 > ひざ下のムダ毛処理でできてしまう黒いボツボツの解消方法

ひざ下のムダ毛処理でできてしまう黒いボツボツの解消方法

自分でムダ毛処理をした時に、黒いポツポツができることがあります。
これには考えられる原因がいくつかあります。
1つは簡単に解決できるものですが、もうひとつはちょっと厄介なものです。

解決できるものとしては、カミソリなどで処理をした場合、毛穴が広がってしまい、毛の断面が見えている状態です。
これは、その毛を仕方なく抜いてしまうことで、黒いポツポツはなくなってしまいます。
しかし、その後毛穴ケアをして、締めておかなければ、今度は毛穴が目立ってしまうことになります。

af9980023799

このケースは、剛毛の方や肌の色が白い方ほど目立ってしまうとされています。
厄介な方は、肌に直接ダメージを受けてしまい、色素沈着を起こしている状態です。
いわゆる間違ったカミソリの使い方で、きれの悪い刃であったり、本来は処理をしないほうが良いムダ毛(まだ処理には早い毛)を剃ってしまった場合です。
このようなカミソリ負けに近い状態の肌や毛穴は、炎症を起こして、黒くなってしまうのです。

黒いだけではなく、硬くなってしまい、肌を守ろうと毛穴が盛り上がってしまうのです。
それで新しい毛が生えてきて、黒いポツポツになってしまうわけです。

このような場合、機械を使った脱毛で、光脱毛などで改善されることも多くありますが、脱毛サロンのカウンセリングでぜひ相談をしてみてください。

プロならひと目見ただけで、どんな状況になっているかを理解し、適切な方法をとってくれることでしょう。
そして、自己処理はしないことです。

足のムダ毛とサヨナラ!元サロンスタッフが美脚へのアドバイス