ひざ下脱毛チェキ > ひざ下の脱毛について > ひざは入る?脱毛サロンによって違う、ひざ下脱毛の範囲

ひざは入る?脱毛サロンによって違う、ひざ下脱毛の範囲

タイトスカートやショートパンツになる季節は、足が人目につく機会が増えます。
ひざから下は素足でも大丈夫なように、常にキレイにしていたいもの。
ひざ下はワキに次いで人気の脱毛箇所ですが、はたして「ひざ下」とはどこからどこまでなのか、ご存知ですか?
サロンによって脱毛対象となる範囲がだいぶ異なります。
希望のパーツが含まれているかいないか、範囲をきっちり把握しておかないと追加料金が発生したりします。

今回は、ひざ下脱毛プランを受けようとしている方が知っておくべき基礎知識、ひざ下脱毛範囲の定義について、徹底検証しました!

一般的なひざ下の範囲はすね+ふくらはぎ

ひざから下にある気になるムダ毛は、ひざ、すね、ふくらはぎ、足の甲、指、といくつもあります。
しかし、一般的に「ひざ下」とは、ひざの下から足首までを指し、ひざや甲は含みません。
つまり、すねとふくらはぎの部分ということになります。

ひざとひざ下の違いって?

脱毛の世界では、足を「ひざ上」「ひざ」「ひざ下」「足の甲&指」と分けて扱うのが主流になっています。
ほとんどの脱毛サロンやクリニックでは、「ひざ下」はすねとふくらはぎを指します。
つまり、その他のパーツ(例えばひざ単体や足の甲など)を含めたい場合、別のコースからプラスしたり、料金が別になったりするのです。

すね毛やふくらはぎの脱毛

ほとんどのサロンで「ひざ下」と定義される、すね・ふくらはぎは、毛が濃く、毛量も多いことから、人気の脱毛範囲となっています。
背中や腕などと同様に大きいパーツとして扱われ。脱毛範囲が広いため値段は高めの設定です。

裏表にご注意

脱毛範囲として考えたとき、表側(すね)にはムダ毛が生えているものの、裏側(ふくらはぎ)はほとんど生えていない、というケースもあります。
ですので、表と裏でパーツ分けしているサロンもあります。
すね側だけ脱毛したい、というような方は、こういったサロンを選ぶと効率よく脱毛できますよ。

ひざ、両足の指と甲の脱毛

ひざそのもの・足の甲・足指といった小さいパーツは別料金でチョイスできることが多くなっています。
つまり、ひざ下プランには含まれていない場合が多いので要注意。

鼻下やワキなどといっしょに小さいパーツとして扱われ、脱毛範囲が狭いため値段は比較的安めです。
低価格のパーツですので、別のセットメニューにおまけで付いてくる場合があります。
うまく利用すれば、ひざ下のプランに足の甲をプラス、など自分の必要としているパーツがカバーできる場合も!

ひざ下脱毛できる店舗を比較!

脱毛サロンによって、「ひざ下」の定義が異なるうえ、値段も変わってきます。
ひざ下脱毛できるサロンをいくつか例にとり、比べてみました!

銀座カラー

「両ひざ下」は、ひざの下から足首までの全体。
8回で42,000円、回数無制限プランだと75,200円(いずれも税抜)。
「両足の甲・指」「両ひざ」などのパーツは、「デリケートチョイス」という別メニューになります。
お好みの部位を1つ選べて、1箇所8回で21,000円、1箇所回数無制限だと37,600円(いずれも税抜)。

ミュゼ

ミュゼの場合、「両ひざ下」にひざ自体も含まれ、Lパーツという大きい面積のメニューになります。
ひざが含まれていて6回で36,000円(税別)ですので、比較的お得な価格といえます。
ただ、「両ひざ上」の場合はひざは含まれないので、ひざだけ別メニューから選ぶことになります。

両足の指・甲や、ひざだけを脱毛したい場合、「Sパーツ」という小さい面積の13箇所からひとつ選びます。
8回で24,000円、12回で36,000円(いずれも税抜)。
LパーツSパーツともに、両ワキやVライン脱毛がついてくるキャンペーンを行っていることもあります。

アリシアクリニック

両ひざ下にはひざは含まず、ひざ下から足首までが含まれます。
5回で41,250円、回数無制限だと79,200円(いずれも税抜)。
「両ヒザ」「両足指・甲」の脱毛は、それぞれ5回で13,750円、回数無制限だと26,400円(いずれも税抜)。

アリシアクリニックはエステサロンではなく、医療機関ですので、医療レーザー脱毛という方法を用います。
医療機関では、より出力数の高い照射ができるので、一般的にエステサロンでの光脱毛より少ない回数で脱毛を終了させることができます。

施術範囲をしっかり確認して、満足できるひざ下脱毛を!

「お得なプランだと思って契約したのに、脱毛したい箇所が含まれていなかった!」という失敗はしたくないですよね。
そのためには、ひざ自体も脱毛したいのか、不要なのか、足の指や甲もセットにしたいのか…など施術範囲を細かく決めましょう。

毛の量や範囲にはかなり個人差があり、またどこが気になるかも人によって実にさまざま。
なので、細かくパーツ分けして、無駄なく必要な部分だけ選べるようになっているのです。
自分に必要な部位が含まれているのかいないのか、きっちり把握したうえでサロンを選びましょう。

施術範囲とセットメニュー、価格がうまくマッチングすれば、お財布も脱毛効果も満足できるひざ下脱毛がきっと叶うはず!