ひざ下脱毛チェキ > ひざ下の脱毛について > 黒ずみもくすみもがなくなる!ひざ下脱毛で美肌が手に入るヒミツ

黒ずみもくすみもがなくなる!ひざ下脱毛で美肌が手に入るヒミツ

ひざ下の黒ずみやくすみなどは、意外と人目につくところ。
だからこそ、ムダ毛のお手入れもしっかりしているのになぜか黒ずんでいる…そんな方は要注意!

もしかしたら今している自己処理が原因で、ひざ下が黒ずんでいるかもしれません!
実は、カミソリや毛抜きを使うことで、毛が埋没してしまったり、色素沈着を起こしてしまうのです。

心当たりのある方は一読してください。
これを読んでひざ下の黒ずみを綺麗にしましょう!

ひざ下のムダ毛の自己処理は黒ずみやくすみの原因に

実は、ひざ下の皮膚が色素沈着を起こしていたり、肌がくすんでいるなどひざ下が黒ずんでいる女性って、意外と多いんです。

そのため、スカートが履けなかったり、ストッキングを手放せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このひざ下の黒ずみやくすみは、間違ったムダ毛の自己処理が原因なのです。
間違った処理をする事で、ひざ下の角質が厚くなったり、色素沈着を起こして肌が黒ずんでみえてしまうのですね。

そんなひざ下の黒ずみにもいろいろなタイプがあり、自己処理の仕方によっても変わってきます。
では、黒ずみのタイプ別に原因を見てゆきましょう。

黒いぶつぶつの原因

黒ゴマのようなぶつぶつが出来ているタイプ。
この黒いぶつぶつは、皮膚の下に毛が埋もれている状態で、自己処理による埋没毛が原因です。

毛抜きやカミソリでムダ毛を処理すると、稀に刺激で毛穴が炎症を起こし、皮膚の内部が傷ついてかさぶたを作ります。
すると、そのかさぶたが邪魔をして新しい毛が皮膚の外に出てこれなくなるため、埋没毛となってしまうのですね。

肌がくぼみ、でこぼこしている

ひざ下の毛穴がぼこぼこと開いているタイプ。
毛抜きでの自己処理で、ムダ毛を引っ張ったため毛穴が刺激を受けた状態です。

毛穴に余計な負担をかけたため、炎症を起こし、ポッカリと開いた毛穴が目立っているのです。

肌がくすんでいる

ひざ下が全体的にくすんでいるタイプ。
ひざ下のムダ毛が目立ち、黒っぽく見えている状態です。

こちらは、カミソリでの自己処理が原因。
まず、毛を剃る事で毛の断面が大きくなります。
そのため、そのままの状態で毛が伸びてくると、毛が濃くなったように感じるのです。

また、肌を傷をつけるような剃り方をしていると、毛の1本1本を濃くする原因にもなります。
クリームなどを付けずに空剃りしたり、毛流れに逆らって剃ってしまうと、肌に刺激を与えてしまいます。
皮膚内部にあるメラノサイトが刺激から肌を守ろうとして、メラニン色素を出し、ムダ毛を太く濃くするのですね。

カミソリ負けで傷がついている

ひざ下が傷ついた事で黒ずんでいるタイプ。
カミソリでの間違った自己処理で、カミソリ負けを作ってしまうと肌に小さな傷をつけてしまいます。

すると、肌が新たな刺激から、皮膚を守るためにメラニン色素を作り出し、皮膚に色素沈着を起こします。
キレ味が悪い古いカミソリを使う事で、何度も同じ所を剃ったり、アフターケアを怠るとカミソリ負けが起きやすいですよ。
気をつけましょう。

乾燥による肌のかさつき

ひざ下の皮膚が乾燥しているタイプ。
この乾燥は、カミソリや毛抜きなどによる自己処理によるダメージ、から剃りやアフターケアが不十分な保湿不足によって起こっているものです。

間違った自己処理をしていると、ムダ毛と一緒に角質まで取ってしまう恐れがあります。
角質は、肌のバリア機能をしている役割があるため、なくなってしまうと皮膚が乾燥しやすくなってしまうのです。

そもそも、元々ひざ下は皮脂腺が存在しないため、特に乾燥しやすい部分。
そのため、自己処理後の保湿ケアを欠かさない事も大切なのです。

ひざ下の黒ずみを解消するには?

このように、自己処理の方法によっても黒ずみのタイプは変わってくるのですね。
では、そんなひざ下の黒ずみを解消するには何をしたら良いのでしょうか?

具体的な解消法をご紹介しましょう!

もし、黒ずみを作る原因が自分に当てはまっていたら、すぐに止めて下さいね。

カミソリでの剃毛をやめる

先ほども触れたように、剃刀での処理は、お肌に摩擦や刺激を与えるだけでなく、毛が濃くなってしまう原因にもなります。

摩擦や刺激を肌に与えると、色素沈着を招いてしまったり、毛が濃くなるため何度も自己処理をしてしまい、さらに刺激を与えてしまいます。

これでは、ますます黒ずみを悪化させるループを生んでしまいますよね。
カミソリでの剃毛は絶対に止めましょう。

毛抜きを使う自己処理をやめる

毛抜きでムダ毛を抜いてしまうと埋没毛を招いたり、毛穴が開くためポッカリと毛穴が目立ってしまいます。

また、埋没毛を無理に抜いてしまう事で、肌に余計な刺激を与えてしまい、色素沈着を起こす可能性があります。
毛抜きでのムダ毛処理も、止めて下さいね。

すでに色素沈着してしまっている場合は美白クリームもアリ

物理的な解消法をご紹介しましたが、すでにひざ下が色素沈着を起こしている場合はどうしたら良いのでしょうか?

そもそも黒ずみのメカニズムは、皮膚の表面にある外部の刺激から肌を守っている角質が、何らかの理由で損失される事から始まります。
失われたバリア機能を補うために、肌の奥にあるメラノサイトが防御反応としてメラニン色素を作り出します。

メラニン色素を含んだ角質は、通常、ターンオーバーで剝がれ落ち、新しい角質に生まれ変わります。
しかし、何らかの原因でターンオーバーが正常に行われないと、皮膚自体に古い角質が残ってしまうのです。
これが黒ずみの原因です。

この黒ずみを美白するには、豆乳パックや重曹パックが良いでしょう。
豆乳に含まれるイソフラボンには、肌のコラーゲンを活発化させ、黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑制させる働きがあります。
さらに、重曹には研磨作用があるため、ピーリング効果はもちろん、肌のターンオーバーを正常化させる効果も。

また、黒ずみ改善の近道として、美白クリームを使うのもおすすめです!
ひざ下専用の美白クリームも販売されているので、是非ネットで調べてみて下さいね。

美白クリーム選びで大切なのは、メラニンを抑制するトラネキサム酸やメラニンを薄くするビタミンc誘導体など、「美白に対する有効成分」がしっかり入ったクリームを選ぶ事。
覚えておくと便利ですよ。

しかし、ただ黒ずみの上からパックやクリームを塗っても意味はありません。
先ほども触れたように、黒ずみの改善方法は、肌の奥にあるメラノサイトに働きかけないと効果がないのです。
ひざ下の黒ずみを消すためには、「角質ケア」をする事がポイントとなります。

黒ずみケア方法は、まず、たっぷりの泡でひざ下を洗い、角質を柔らかくしましょう。
さらに、スクラブやピーリングなどで古い角質を剥がしてから、ケアをする事が大切なのです。
顔のスキンケアと同じなのですね。

角質ケアをする事で、肌内部に成分が浸透しやすくなるため、黒ずみ解消ケアの近道になりますよ。

本格的に黒ずみを治したいのならひざ下脱毛!

家でもひざ下の黒ずみケアは可能ですが、よく洗い古い角質を取り、美白クリームを塗るという作業は手間がかかります。

しかも、ひざ下の黒ずみは1回のケアで解消出来るものではなく、コツコツと地道に続ける必要があります。
なかなか根気がいる作業ですよね。

もし、本格的にひざ下の黒ずみを治したいのなら、プロの手によるひざ下脱毛がオススメです。
では、その理由を詳しくご紹介しましょう。

脱毛でひざ下の自己処理回数を減らす

家でムダ毛の自己処理をしていると、少しでも毛が生えてきたら気になって処理してしまう方は多いと思います。

自己処理する度に、肌は刺激を受けるので、黒ずみやくすみの原因を作り出します。
毛を処理する回数が多ければ多いほど、肌にダメージを与えてしまう事になりますよね。

その点、脱毛に通い始めると、毛周期に合わせたケアをするため、自己処理のようにむやみに脱毛する事がなくなります。
脱毛の回数が少なくなる分、お肌への刺激を減らせるので、黒ずみを作る原因も作らなくなるというわけです。

また、定期的に脱毛する事で、毛の質が細く柔らかくなるため、くすみも解消できますよ。

光脱毛は美肌効果も有る

実は、光脱毛に使われる光には、脱毛効果はもちろん、美肌効果もあるのが特徴。
この光には、肌内部のコラーゲンを活発にするため、脱毛を受けるだけで美肌になれるというメリットがあるのです。

さらに、エステなどでの脱毛の場合、光を照射する前に美肌ジェルを塗ります。
サロンによってその成分は様々ですが、この美肌ジェルには、ヒアルロン酸やビタミンCなど美肌に欠かせない栄養素がたっぷり入っています。

そのため、美肌ジェルと光のW効果でひざ下の肌を美肌に導く事が可能なのです。
すでに出来てしまった黒ずみも脱毛しながら、美肌ケア出来るのは嬉しいですよね。

自己処理を少なくすることでひざ下の黒ずみは解消できる

お肌に刺激を与える事は、ひざ下の黒ずみを作る原因を招きます。
特に一番の刺激となるのは、カミソリや毛抜きを使う間違った自己処理です。

その自己処理の回数を減らせば、黒ずみの原因を作る刺激も減らす事になり、黒ずみ解消につながります。

エステサロンでひざ下脱毛をすると、刺激となる自己処理の回数も減らせますし、すでに出来てしまった黒ずみを美肌に導く事も可能です。

ひざ下の黒ずみでお悩みの方は、是非一度ひざ下脱毛を試してみてはいかがでしょうか?
黒ずみを解消して、生足になっても怖くない美しい足を手に入れましょう!