ひざ下脱毛チェキ > ひざ下脱毛の知識 > ひざ下を脱毛しているときは毛抜きによるムダ毛処理は禁止

ひざ下を脱毛しているときは毛抜きによるムダ毛処理は禁止

ひざ下脱毛をしている間に、勝手に自己処理をするのは止めましょう。

特に毛抜きは厳禁。
ムダ毛処理は極力しないことがルールです。

af9980023882

脱毛サロンでは、一定の計画をたててそれにそって、あなたの発毛時期に合わせたプランで脱毛をしていきます。
途中で気になったから、自己処理をしてしまうことは、プランがうまくいかない事を意味します。
そして、毛抜きですが、毛穴を刺激するだけではなく、完全に毛が抜けなくて、埋没毛になってしまう危険性が高いです。
埋没毛は、完全抜ききれなかった毛が、毛穴内部に向かって映えることを言います。

毛穴の中で毛がくるくると丸まってしまうものです。
ですから、もともと毛抜きでの脱毛はしないほうが良いのですが、脱毛中はもっての他と言えます。
脱毛サロンでは、生えてきた毛に対応する脱毛方法をとっている場合があり、この場合、生えていないと、脱毛ができないことになります。
ということは、自己処理はしないでくださいと言うことになりますから、絶対に勝手なことはしないようにしてください。
埋没毛になった場合は、脱毛では取り去ることができず、メスを使って外科的な処置が必要になります。

当然傷もできることですから、勝手な自己処理は危険ということです。
脱毛サロンに言っていてもいなくても、今まで毛抜きで脱毛をしているという方は、埋没毛を作らないようにすることです。
こんなことを知ってしまうと、毛抜きはNGも納得ではないでしょうか?