ひざ下脱毛チェキ > ひざ下脱毛の知識 > ひざ下脱毛は痛いって本当?【痛みの理由・度合い・対策】をチェック!

ひざ下脱毛は痛いって本当?【痛みの理由・度合い・対策】をチェック!

ひざ下脱毛で心配なことのひとつに「痛み」があります。
実際、サロンやクリニックで施術を受けた人のなかには「痛かった」と話す人がいることから、「どの程度痛いんだろう…?」「我慢できるかな?」と不安に感じる人も多くいます。

そこで今回は、ひざ下脱毛の痛みについて詳しくご説明します!

ひざ下脱毛が痛い理由

脱毛はフラッシュやレーザー熱によって毛根にダメージが与えられるため、痛みを感じます。
とくに硬くて太い毛が密集している場所ほど痛みが強いです。

すね毛がある「ひざ下」も、そのひとつで、皮膚が薄い部分は痛みが増す場合があります。

ひざ下脱毛の痛みの度合いは?

痛みの度合いについてですが、ひざ下脱毛を経験した人の多くは「輪ゴムではじかれたような痛み」と表現しています。

激痛というよりも、少しチクッとする程度の痛みなので、あまり不安しなくて構いません。
しかし、剛毛な人の場合は痛みを強く感じるため、個人差があるといえます。

施術方法によって痛みは異なる

脱毛の痛みは、施術方法によって異なります。

脱毛サロンのフラッシュ脱毛と、医療クリニックのレーザー脱毛を比較した場合、フラッシュ脱毛のほうが痛みは少ないです。

レーザー脱毛は、脱毛効果が高いぶん、照射パワーが強いため、痛みの度合いも大きくなります。

脱毛サロンやクリニックでは事前の無料カウンセリングで、お試し照射できるところも多いため、痛みの耐性をチェックしたのちに、フラッシュ脱毛とレーザー脱毛、どちらにするか検討してみると良いでしょう。

また、これらの方法の他に、ニードル脱毛という施術方法もあります。
こちらは毛穴に針を通し、電気を流すことで脱毛する方法です。

フラッシュやレーザーを照射する方法に比べて、痛みの強さは尋常ではありません。
さらに毛穴ひとつひとつに施術するため、長い時間がかかります。

ひざ下脱毛は、他の部位より痛い?

脱毛は施術する部位によって、痛みの度合いに差があります。
ひざ下脱毛は、すね毛など、硬くて太い毛があるため「痛い」といわれていますが、他の部位と比較した場合はどうでしょうか?

ひざ下よりも痛い箇所は、「VIO」と「脇」

脱毛で最も痛みを感じやすい場所は「VIO」です。
VIOとは、デリケートゾーンのことを指し、Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の周辺)、Oライン(ヒップ奥)の総称です。

毛1本1本が太く、さらに濃いため痛みを感じやすいです。
また粘膜に近く、皮膚が敏感な場所であることも理由のひとつに挙げられます。

同様に「脇(わき)」も痛みを感じやすい場所です。

ひざ下は、これらの部位と比較すると「痛みが少ない」と感じる人が多いといわれています。

ひざ下脱毛の痛みを抑える方法

ひざ下脱毛で痛みを軽減する方法をご紹介します。

医療クリニックの場合は麻酔を使う

医療クリニックのレーザー脱毛では、麻酔が使える場合が多いです。
麻酔なしでも施術できますが、どうしても痛みに耐えられない場合は、麻酔を使って軽減できるので安心だといえます。

麻酔は、脱毛とは別料金であることがほとんどですが、クリニックによっては、脱毛料金に含まれていることもあるため、事前にチェックしておきましょう!

>>ひざ下の永久脱毛を新宿で!効果アリの安心クリニック3選

生理前と生理中の照射は避ける

サロンとクリニック、どちらで脱毛するにしても、生理前・生理中の照射は避けましょう。
とくに生理前は、ホルモンバランスの変化によって、肌が敏感になる時期です。

痛みも強くなる傾向にあるため、ひざ下脱毛を予約するときは「生理後」の時期がベストです!

脱毛回数を重ねる

脱毛回数を重ねることで、痛みが少なくなることがあります。
こちらは対策というよりも、心構えとして知っておいてほしいことなのですが、脱毛によって毛質や毛量が変化すると、そのぶん痛みも和らぐ場合が多いです。

最初のひざ下脱毛で「痛い!」と感じても、次第に平気になる可能性が高いので、しばらく通い続けてみるのも、ひとつの手です。

ひざ下脱毛でムダ毛のないスベスベ脚に!

「ひざ下脱毛は痛い」というイメージで、なかなか脱毛に踏み出せないという方もいるかもしれません。
しかし、施術前にはしっかりと冷却を行ってくれますし、クリニックであれば麻酔などで痛みを軽減してくれます。
また回数が多くなるにつれて、少しずつ痛みを感じなくなる場合もあります。

ひざ下のムダ毛がなくなれば、毎日の面倒な自己処理から解放され、ミニスカートのようなファッションも気軽にできるので、まずは無料カウンセリングでお試し脱毛するところから始めてみるといいでしょう。