ひざ下脱毛チェキ > ひざ下脱毛の知識 > ひざ下脱毛の痛みについて

ひざ下脱毛の痛みについて

ひざ下脱毛をした方の中には、痛みを感じた方も多いようです。
チクチクとか、輪ゴムで弾かれたような痛みが多いようです。
どのような脱毛にしても、肌に対する刺激はあります。

ですから、冷やしながら行なったり、痛みを軽減するような形での施術が多いようです。
剛毛な毛の部分は痛いと言われていますが、ひざ下脱毛に関しても、剛毛の場合や、その部分の神経の伝わり方が敏感なため、痛みを感じやすいと言われています。
他の部位の脱毛にしても、無痛というのはあまりないと思ってください。

特にVラインなどは、痛いですし、ニードル方法は、一本一本抜く施術ですが、正直とても痛いようです。
レーザーや他の施術の場合、短時間の終わることから、チクチクにしても輪ゴムを弾かれた痛みにしても、少しの時間だから我慢ができるとされています。
その後赤くなったり、腫れたりということもありますが、痛みに関しては、あると思ったほうが良いでしょう。

HT155_350A

脱毛サロンでも、痛くない、そして安い、キレイということであれば、魅力的な存在といえますが、痛みに関しては、個人差が大きいとされています。
しかし、輪ゴムが弾かれた痛みというのは多くの方が口にしますので、ぱちんとした痛みはあるのではないでしょうか?
しかし、その程度の痛みでツルツルひざ下、自己処理一切なしというのは、我慢できるという方が多いのも納得でしょう。
痛かったけれど、やって良かったという口コミが断然多いです。