ひざ下脱毛チェキ > ひざ下の脱毛について > 勧誘されたらどうしよう…上手い断り方と勧誘のない脱毛サロンは?

勧誘されたらどうしよう…上手い断り方と勧誘のない脱毛サロンは?

エステサロンといえば必ず連想するであろう勧誘。
実際、勧誘をされて脱毛サロンに行く気がなくなってしまったという人もいるのではないでしょうか。

いざカウンセリングにいこうとしても、勧誘されるのが嫌だからいけない…というのはとてももったいないことです。
最近の脱毛業界は勧誘自体が少なくなってきていて、よほどのことがない限り無理やり契約させられることはありません。

とはいえ、あちらも商売ですので、コースの紹介くらいはするのは普通。
その押し具合はスタッフによって異なるところがあります。
人によっては勧誘と思われてしまうこともあるでしょう。

では、その勧誘をどうしたら断ることができるのでしょうか?
勧誘について知っておけば、カウンセリングに行くのも怖くなくなりますよ。

脱毛サロンで勧誘される理由は?

では、なぜ脱毛サロンは勧誘が多いのでしょうか?
その理由を具体的にまとめてみました。

キャンペーン価格では赤字になってしまうから

大手サロンなどで頻繁に出しているキャンペーン広告。
初回料金から何か月かの料金が無料になったり、半額以上の値引きなど、どのサロンもお得なキャンペーンを出していますよね。

激安なため、キャンペーン価格に多くの人が集中します。
しかし、キャンペーン価格だけの運営では、サロン側が赤字になってしまうのです。

スタッフのノルマが多く、勧誘せざるをえない

脱毛サロンでは、スタッフごとにノルマがあります。
スタッフごとのノルマが多いため、それを達成しようとして、一人でも多くの契約を取ろうとしたり、より単価が高い契約を取ろうと勧誘してくるようです。

最近は勧誘自体少ない!その理由は?

最近は、大手の脱毛サロンで勧誘自体が少なくなっています。
以前は、スタッフの給料が歩合制のサロンが多かったため、より多くの契約を取れば、多くの給料を貰えるというシステムでした。

しかし、このシステムを変えたのが、ミュゼプラチナム。
歩合制のシステムから、一定額の給料に変えたのですね。
その影響を受け、他サロンも歩合制のシステムを廃止する所が多くなりました。
このように、歩合制ではなくなったサロンが増えたため、しつこく勧誘するサロンがグッと減ったのです。

勧誘の少ない脱毛サロンランキング

実際行った事のある方からの口コミを元に、勧誘がないと評判の脱毛サロンをランキングでまとめてみました。

以下の脱毛サロンは、勧誘をしないという広告を出しているところもありますが、悪質な勧誘はないものの、商売なので多少の紹介はしてくるでしょう。
ただし、押し売りレベルではなく、やんわりと「こんなプランもありますよ」とおすすめしてくる位です。

この場合は、勧誘とまでいきませんよね。
もちろん必要なければ、ハッキリ断りましょう。

キレイモ

勧誘は一切しないという方針なので、勧誘がありません。
おすすめのコースの説明はありますが、断っても嫌な顔はされず、すぐに引き下がってくれます。
また、キレイモは全身脱毛の月額制のプランのみなので、他サロンによくある他の部位の脱毛をあまり勧められないとの声も。

ミュゼ

先ほども触れたように、勧誘自体を脱毛サロンから減らしたミュゼももちろん、勧誘はしません。
おすすめのコースを紹介してくるレベルです。
断っても、嫌な顔をされる事がないため、安心だったという声も。

エピレ

エピレもしつこい勧誘はないものの、おすすめや紹介程度はあるようでした。
店員にもよりますが、プランを一通り説明するため、その時間が苦痛という口コミもありました。

スタッフにもよる勧誘の度合い、断り方のポイント

あからさまな勧誘をするサロンは減っているとはいえ、スタッフによる勧誘の度合いは違います。
勧誘されてもハッキリNO!と言う事が出来たら、どんなに楽なんでしょうか。
なかなかハッキリ言えない方は多いと思います。

では、万が一勧誘にあってしまっても、安心な上手に断るポイントを具体的にご紹介しましょう。
もし、明らかに紹介レベルではない勧誘にあってしまったら、使ってみて下さいね。

脱毛したい場所を決めておく

あらかじめ、脱毛する部位をココ!と決めておきましょう。
例えば、脇だけしか脱毛しないと決めておけば、他の部位も追加で勧められた時に、「脇だけしか脱毛は考えていません。」と言えますよ。

ここで、「ここの部位も気になるので脱毛したほうが良いですよ。」などと脱毛箇所の追加を勧められたら、「自分は気にならないので、結構です。」と断ると良いでしょう。

契約する権限がないことをアピール

カウンセリング時にカルテを作る際、個人情報を記入します。
主婦や無職などと書いておくと、自分には決定権がないという事をアピール出来てオススメ。

夫や家族に相談する必要があると言えるので、勧誘される幅が一気に狭まりますよ。

カウンセリングシートはお金がないと思われる職業を書く

主婦やフリーターなどは、自分で自由に使えるお金が限られるイメージです。
そのため、カルテの職業欄は主婦やフリーター、無職と書くのがオススメ!

脱毛サロンなどは、ローン払いなどもあるため、その分、勧誘されにくいとされています。
また、権限同様、「旦那さんや家族に相談しなければいけないので」という口実が出来るのもポイント。

サロン側も商売なので、あの手この手で契約を取ろうとします。

会社員などと正直に書いてしまうと、勧誘されやすく、社会人は、主婦や無職に比べて、毎月決まったお金が入ります。
すると、ローンを組みやすかったり、ボーナス払いが可能と見なされ、コース契約などを勧められたりする傾向にあるのです。

友達と一緒に行く

優柔不断な方にオススメなのが、友達と一緒に脱毛体験に行く事です。
体験脱毛の後に勧誘された時に、意思を固めていても、個室でスタッフと2人になってしまうと断りきれない方もいらっしゃると思います。

友達と一緒なら、言いにくい断り文句も言えると思います。
また、体験に行く前に絶対その場で契約せず、一度帰ってから考えようと集合場所で、打ち合わせするのもおすすめ。

はっきりと「いらない」ということ

皆さん、勧誘をされると断るのが悪いと思いがちで、あいまいな返事をしてしまう事もあるかと思います。
しかし、この曖昧さが良くないのです。

返事を曖昧にしていると、契約を迷っていると相手に捉えられ、更に強い勧誘をされる場合もあるのです。

はっきりと「要りません。」という気持ちを持つ事が大切なのです。

困ったときに!そのまま使えるフレーズ集

万が一、勧誘にあってしまった場合に、そのまま使えるフレーズをまとめてみました。
その理由も詳しくまとめたので、いざという時に使ってみて下さいね。

「後日の肌の状態を見たいので」

脱毛サロンでは、お試し体験の後に、すぐ契約を勧める事もあります。
確かにサロン側としては、1人でも多くの利用者を獲得するのが大切。

しかし、お試しとして体験したのは、脱毛の様子を見るためですよね。
また、いくら肌に優しいなどと謳っているサロンでも、人それぞれ肌質は違います。
肌に合う人もいれば、合わない人もいるのです。

施術をした直後では、肌の状態は不安定。
今は何ともなくても、帰って数日経ってから、肌トラブルになってしまった!なんて事も。
一呼吸おいて、肌への状態を観ると自分に合う、合わないが初めて分かるのですね。

「他サロンを試してから考えます」

脱毛サロンごとにそれぞれの特徴があり、施術内容やプランはもちろん、自分の肌への相性も変わってきます。

価格やプランが似ている脱毛サロンだからこそ、いろいろ体験してみたいものですよね。
他の脱毛サロンを試してから、検討したい方も多いと思います。

そのため、「あと○件行きたいサロンがあるので」、「他のサロンも体験予約しているので、それから検討します」などと伝えるとスムーズ。
この場合、他サロンの予約という予定があるため、引き止められにくいです。

ただし、「一応次回の予約を入れておきますね」と言われる事もあるようです。
書面で契約してないのに予約を入れるのも変な話ですが、もし言われたら仮予約なので、後日電話でキャンセルしましょう。

「消費者センターに連絡します」

これは、最終手段のフレーズです。
先ほども触れたように、現在では悪質な勧誘は違反行為とされ、悪質な勧誘は少ないでしょう。

もし、悪質な勧誘にあってしまい、そのままスタッフの言いなりになりそうになってしまったら、消費者センターに相談するという一言を言いましょう。

消費者センターというワードを出すと、サロン側も違反行為をしている事に気づき、勧誘を止めてくれますよ。

脱毛するつもりがないのに契約してしまったらクーリングオフ

もし、なかなか帰してくれないなどという悪質な勧誘にあってしまい、契約してしまっても大丈夫です。
入会をしてしまった後でも、取消可能なクーリングオフという制度があるのです。

もちろん、プランの契約だけでなく、カード会社で支払いが済んでしまっていても、返金してくますよ。
ただし、「契約日から8日以内」の取引のみの契約になるので気をつけて下さいね。

クーリングオフをするには、自分でエステ側とカード会社側に書面で伝える必要があります。
また、補足としてサロン側が対応してくれなくても、消費者センターに契約日や内容などを伝えれば、消費者センターがサロン側に連絡してくれます。
それからは、消費者センターがエステ側と利用者側の間に入ってくれるので、安心ですよね。

契約日から8日以内であれば、クーリングオフ期間内なので、無条件で契約解除が出来ますよ。
仮に、勧誘されて契約してしまっても、泣き寝入りしないようにクーリングオフ制度を覚えておくと便利です。

勧誘は少なくなっているが、程度はスタッフ次第。強い意志をもって「いらない」と言おう

今回は、勧誘の上手な断り方や勧誘のない脱毛サロンをご紹介しました。
最初から勧誘がないサロンに行くのが一番気楽ですが、万が一、勧誘されても「向こうの話のペースに巻き込まれない事」が一番大切です。

特に、お試しプランを体験した後は、毛がなくなり見た目がキレイになるので、気持ちも高まっていると思います。
興奮している事もあり、冷静な判断が難しい傾向にあるのです。
どんなにスタッフの対応が良くても、良い雰囲気を感じられても、その場で決めず、一度家に帰ってから冷静に判断するようにしましょう。

自分の意思をしっかり持っていれば、勧誘されても怖くありませんよ。
もし、勧誘されたら今回ご紹介した上手な断り方を思い出して、はっきり自分の意思を伝えて下さいね。